不動産屋に支払う仲介手数料について

家を購入または借りる時には、仲介手数料が発生します。購入の場合は、売主から直接買う事が出来れば、手数料を支払わずにすみます。家を探す時は、だいたい広告かインターネットで検索します。広告を見て、仲介物件かどうかを確認する方法は、物件の概要が書いてある部分の、取引態様の欄を見ればわかります。この欄に、仲介や媒介などと書かれている時は、手数料が発生してしまいます。新築の一戸建ての場合は、同じ物件であっても売主が直接売りに出していることもあれば、仲介業者が間に入り、広告を出している場合もあります。しかし、新築マンションの場合は、仲介手数料がかかることはほとんどの場合ありません。中古住宅の場合は、一戸建てもマンションも、多くは売主が個人の事がほとんどのために、不動産会社が仲介しています。その場合も、不動産会社に仲介手数料を支払う事になります。

不動産の仲介手数料について

誰しも一度は不動産を購入することになると思いますが、仲介手数料がかかってしまうので、それを考えて購入する必要があると思います。不動産物件の値段をみて購入できると思っても、手数料を考えると少し無理ということもあるので、しっかりと考えておく必要があります。手数料がどれぐらいかかるのかしっかりと前もって調べておくとよいと思います。思ったより高額な金額を支払う必要があると驚いてしまうかもしれません。大きな買い物になるので、あとで後悔しないようにかなり前もって準備をする必要があるのではないかと思うのです。できたら女性が購入する場合男性に立ち会ってもらうとよいかもしれません。いろいろ相談できるし、男性がいるとやはりきちんと対応してくれるように思います。大きな買い物だし、いろいろ税金などややこしいこともありますが、ゆっくりと時間をとって勉強しておくとよいと思います。

不動産業者が請求する仲介手数料について

賃貸物件を借りたり、家などを売買した時には、不動産業者に仲介手数料を支払います。この仲介手数料は、法律によっていろいろな制限があります。まず、これを請求できるのは、宅地建物取引業の免許を持っている人だけです。資格のない一般の人が仲介業務によって報酬を請求すると、法律違反となります。請求できる金額も、法律によって上限が定められています。賃貸物件の場合には、貸主、借主の双方からあわせて、家賃の約1か月分程度の報酬を請求することができます。売買の場合には、売買の金額によって異なりますが、大まかに言うと、売買代金の3パーセントから5パーセント程度の金額が報酬となります。ちなみに、売買では売主と買主の両方からこの金額を受け取ることが可能です。近年、不動産業者同士の競争が激しくなったこともあり、上限をかなり下回る仲介手数料を提示している業者も多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です