不動産屋に支払う仲介手数料はどんなお金

不動産屋から賃貸住宅を借りる場合、仲介手数料というものがかかります。このお金はどの様なお金なのでしょうか。これは、大家とお客さんとの間を不動産屋がスムーズに紹介をし、賃貸契約が成立したことへの報酬ということになります。その為、通常であれば部屋を貸したい大家と部屋を借りたい借主が双方出しあい、折半するというのが良いと思いますが、実際は借主が全額負担しているという状況になっています。この仲介手数料の金額ですが、国土交通省の告示に、宅地建物取引業者が貸主、借主から受け取る報酬の合計額は、家賃の1ヵ月分以内とすること。借主の承諾を得ている場合を除き、それぞれから受け取る報酬額は家賃の0.5ヶ月分以内にすることと定められていますが、”借主の承諾を得ている場合を除き”と曖昧な部分が出てくるため、借主が全額負担するということが多くなっています。

不動産の仲介手数料について

家やマンションなどを売ったり買ったり、貸したり借りたりするときには、大抵の場合には不動産会社を通して取引をすると思います。そんな時に必要になってくるのが仲介手数料というものです。仲介手数料は、報酬として会社に支払うお金のことで、その値段は会社によっても様々です。これは成功の報酬として支払うものなので依頼をしても取引が成立しない時には支払う必要はありません。また、取引が無効になった際などにも支払わなくてもよいです。仲介手数料は、法律により上限が決められているので、それ以上の金額になることはありませんが、ほとんどの会社は上限のギリギリまで上げているので、話し合いにより安くしてもらうことも可能です。これを知っていないと会社の提示した金額をそのまま支払うことになるので、最初に話し合って金額を下げてもらえるならば下げてもらった方が良いです。

不動産の仲介手数料について

マンションや家などの不動産を売る、買う、貸す、借りるというときにはだいたいの場合が不動産屋さんを通してすることがほとんどだと思います。その際に必ず必要なのが仲介手数料というものです。仲介手数料は取引が成立した際にお礼として会社に払う報酬のことなのですが、金額は法律により上限は決められていますが、その値段は会社が決めているので話し合いにより下げてもらうことも可能なのです。できることならば、安い方が良いですが安ければ良いと、いうものでもありません。仕事をきちんとこなしてくれて、信頼できる人が担当してくれる会社に頼まなくてはなりません。手数料が高いから良い仕事をしてくれるところばかりなのかというと、そういうことでもなく、広告費などで費用がかかっているので高くせざるえないということもあるということを覚えておかなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です