不動産業者が受け取る仲介手数料とは?

賃貸物件を借りたり売買物件を購入するときは、不動産業者を通して契約を結ぶことになります。業者の方では契約書を作成したり、双方の間に入って交渉などを行います。その報酬として仲介手数料を受け取ることができるのです。仲介手数料の計算方法に関しては、賃貸物件を扱う場合と売買物件を扱う場合とでは違いがあります。賃貸物件の場合は、一般的に家賃の1ヶ月分の金額が手数料として設定されています。しかし、売買物件の契約が成立した際は複雑な計算式に当てはめて手数料を出すこといなります。仲介手数料は宅地建物取引業法によって上限が定められています。そのため上限を超えて手数料を請求することはできないようになっているのです。売買する物件の価格から手数料を出していきますが、初めに売買価格を三つに分けてから計算することが特徴的です。

不動産業者に仲介手数料を支払うタイミング

賃貸アパートや賃貸マンションを借りる場合は、不動産業者に対して仲介手数料を支払わなければなりません。この手数料は契約が成立した場合に支払うお金ですから、成立しなかったときは支払う必要はありません。契約が成立しないケースといえば、複数の業者に賃貸物件を案内してもらっていたときも当てはまります。業者に問い合わせをして物件の下見に行ったとしても、契約しなければ手数料を払うことはありませんね。また、気に入った賃貸物件に入居の申し込みをしても、審査が通らないということもあるのです。入居希望者は契約の意思を示していたとしても、オーナー側や家賃保証会社の方で承認を出さない限りは契約できませんね。審査に通って初期費用が準備できた場合のみ契約が成立するのです。契約の際は仲介手数料を支払いますから、敷金などの初期費用と一緒に用意しておきましょう。

不動産を売却する時は仲介手数料が必要となる

不動産の売買をする時、間に業者に入ってもらうと仲介手数料が発生します。その金額はその時によっても違いますがある程度まとまった額になる事もすくなくありません。しかし自分たちで交渉する時に比べるとはるかに負担が軽減されるので、払っても惜しくないと思う人は多くいます。ただ仲介手数料を払う事が勿体ないと感じる人がいるのも現状です。もし勿体ないと思うのであれば自分で売買契約を直接行いましょう。そうすれば間に業者に入ってもらう必要が無くなるので、その分を業者に払わなくても良くなります。売る時は自分の利益が増えるし、買う時も業者に入ってもらう時に比べると安く買う事が出来ます。しかし自分で全ての手続きをする事になるので、少々手間がかかります。正しく手続きをする為にも、何をすべきか・何を用意すべきかという事をリストアップしておくのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*